厚化粧でごまかした赤ら顔が専用化粧水、水と湯の交互付けで治った

私は昔赤ら顔でした。
常に顔が赤かったので友達にも「顔赤いけどどうしたの?」と聞かれることがすごくありました。
もちろん私はその事がすごくコンプレックスでどうにか改善したいと思っていました。
若い頃は厚めの化粧をしてなんとかごまかしていたのですが、だんだん厚めの化粧をするのがイヤになってきた私は他の方法で改善しようと思いました。
では、私がどのように赤ら顔が治ったのかその方法を紹介したいと思います。

赤ら顔専用の化粧水、かなり効果あった!

まず、私が行なったのは赤ら顔専用の化粧水を利用する事です。
昔はこのような化粧水やクリームがあることをしらなかったのですが、使うようになってからだいぶ赤みが抑えられました。
赤ら顔専用の化粧品を使ったのはかなり効果があったので試して本当によかったです。

そして、その次に試したことは顔の皮膚自体を暑くしてお肌を強くしていくということです。
赤ら顔は外部からの刺激に弱く、敏感肌なので外部からの刺激に強い肌にするようにしました。

やり方は冷水と熱めのお湯を交互に顔をつけるという方法です。
これを毎日朝晩行い、お肌を強くしていきましたもちろんこれが終わった後は保湿をしっかりと行いました。
最初はあまり効果が感じられなかったのですが、1ヶ月、2ヶ月たつ頃には徐々に赤ら顔が改善していきました。
ちょっとの事で肌が赤くなるということがなくなり、厚化粧をしなくてもすみました。
そして3ヶ月たったころには友達にも顔が赤いの治ったよねと言われるようになりました。
家族にも最近顔赤くないねと周りの人にも気づかれるようになりました。

そして、半年たった頃にはすっかり治ったのです。
もちろん毎日水とお湯に顔をつけるのは大変だったのですが、どうしても改善したかったので頑張って続けました。
今ではすっかり治ったので水やお湯に顔をつける事はやっていません。
今は赤ら顔専用の化粧品を使っているだけですが、顔が赤くなる事はなくなりましたね。
このときに頑張って改善して良かったと思います。

このように、私が赤ら顔を治した体験談を紹介しました。
赤ら顔は何もしていなくてもすぐに赤くなりますし、酔っ払ってると勘違いされるのですごくコンプレックスでした。
ですが、改善策を取れば絶対に良くなるのでもし、悩んでいる人は何らかの改善策を取るのが大切です。
もし、今赤ら顔に悩んでいる人は上記で紹介した方法を試してみてくださいね。
時間はかかりますが、絶対に良くなるのですごくおすすめです。